薄毛の問題

年を重ねるにつれて気になるのが、薄毛の問題。

 

抜け毛と言ったほうがいいのかな。

 

朝起きて、枕に髪の毛が付く量が増えたといこともあるかもしれない。

当然年を取れば今までどおりで居られるなんていうことはあまりないと思うけど、髪の毛が抜けていくのは早すぎる。

 

髪の毛は女の命なんていうけど、男にとっても髪の毛はかなり命に近いものがある。

口けんかしたり、ネットで相手を罵倒する場合よくあるのですが、「だまれ はげ」という誹謗が多い。

「はげてねーよ」とか思うけど、もしかしたら実際頭頂部がやばいかもしれないから、たまに鏡でつむじのへんを確認したりする。

 

「あれ?」って思うときもある・・・かも。

 

そこで、やっぱりスカルプケアをしようかなと思い始めたところ。

スカルプ系シャンプーというと、やはり高価なのが正直なところ。

しかし、高価なのもある程度は仕方ないというのも正直なところ。

 

市販のシャンプーは1,000円くらいも出せば変えるけど、あれの原価は100円前後。

頭皮に良い影響を及ぼすはずがない。

市販のシャンプーは高級アルコールシャンプーといって、刺激が強く、洗浄力もつよいので脂っぽい男性にはいいのかもしれない。

けれども、皮脂を落としすぎてしまうので皮脂の過剰分泌を招いてしまうため、綺麗にしたはずの頭皮がすぐにまた皮脂で汚れてしまう、という。

 

洗浄力が強すぎるのも如何なものかと。

 

やっぱりスカルプケアの大事なポイントとして、マイルドな洗浄力、アミノ酸系シャンプー、ノンシリコンというのがベストかな。

それに当てはまるのがBAKUシャンプーというもの。

 

BAKUシャンプーの効果といっても、髪の毛を生やすという効果は期待できない。

このシャンプーに限らずスカルプ系シャンプー全般にいえること。

 

だけど、頭皮環境を整えることにより、抜け毛を減らすことは可能なんじゃないかなと、個人的には思う。

 

市販のシャンプーについて知れば知るほど、どれほど頭皮に悪影響を及ぼしているのかわかるし、そんなものを使っていれば、今後どうなるのかも想像に難くない。

 

男性も当然だけど、髪の毛を気にする女性であっても、健やかな髪の毛をと考えているのなら、スカルプ系のシャンプー、若しくはアミノ酸系のシャンプーを試してみてもいいかもしれない。